足首の痛みの原因と改善方法

アキレス腱が痛む原因について

投稿日:

アキレス腱が痛む原因の多くは、使い過ぎ(オーバーユーズ)によるスポーツ障害です。また、慣れない運動を急に行った時に発症する場合もあります。考えられる病名としてはアキレス腱炎、アキレス腱周囲炎、アキレス腱断裂などが疑われます。

アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎などについて

走る、ジャンプするなどのスボーツで、繰り返し足に負担をかけ続けることで、アキレス腱に極小さな部分断裂や瘢痕(ハンコン)が生じます。そのまま運動し続けていくとアキレス腱が変性し、やがて炎症がおきて痛みを感じるようになります。この状態をアキレス腱炎といいます。

また、アキレス腱はパラテノンという薄い膜で覆われています。この部分が使い過ぎによって、炎症を起こすことをアキレス腱周囲炎といいます。他にも、アキレス腱の付着部分に炎症を生じることがあり、それをアキレス腱滑液包炎といいます。

アキレス腱が痛む主な原因

スポーツ選手がオーバーユーズによって、アキレス腱を痛めてしまうという他に、加齢変化によるものがあります。中年以上になると加齢によって腱の変性が起こっているうえに、ランニングやウォーキングなどのスポーツをすることでアキレス腱を痛め、炎症を起こすことが考えられます。

また、普段から自分に合っていない靴を履き続けている場合や、偏平足などによる足部変形によって、アキレス腱の痛みの原因になっていることもあります。

痛みが出たら運動を控え、湿布やテーピング、または一時的な使用として消炎鎮痛薬などの内服薬の服用も症状を改善できる場合があります。普段から足のアーチを保護し、補強するための足底クッションなどを取り入れてみるのもよいでしょう。

-足首の痛みの原因と改善方法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

突然起こる、足首の痛み

過激な運動をしたわけでもないのに、突然足首が痛むという場合、いろいろな理由が考えられます。 どのような原因で足首の痛みが起こるのか考えてみましょう ①過去に足首の骨折経験や大きなけがをしたことがある場 …

no image

足首の痛みを鍼灸治療で緩和する方法

足首の痛みはスポーツによる使い過ぎの場合や、偏平足や外反母趾などの足部変形など、様々な原因がありますが、レントゲンには写らないことも多いのです。骨折や骨の変形ならば異常が見つかりますが、筋肉や腱の炎症 …